亀崎東組 宮本車 山車幕

■大幕「猩々緋に宝珠の金刺繍」

猩々緋(緋羅紗)に二十四金の金糸で大小の宝珠玉が刺繍されています。
宝珠は悪を去り濁水を澄ませる徳があるといわれ、願い事が叶う(かなう)とされます。
現在の幕は平成3年(1991)復元新調

大幕(イ通り)

イ通り(山車の進行方向左側)には5個の宝珠

大幕(ハ通り)

ハ通り(山車の進行方向右側)には3個の宝珠

※イ通り・ハ通り:知多型の山車では山車の部材を番付と呼ばれる方法で判別します
堂山柱を基準にして進行方向左側を「イ」、右側を「ハ」として真ん中の柱は「ロ」となります

■水引幕「白地に七五三縄の刺繍」

水引幕「白地に七五三縄の金刺繍」

平成4年(1992)復元新調

■追幕「猩々緋に七曜星の刺繍」

追幕「猩々緋に七曜星の刺繍」

平成4年(1992)復元新調

吹貫頭

↑ページの先頭へ