亀崎潮干祭~東組 宮本車

東組宮本車は江戸時代末期の元治2年(1865)に建造され、亀崎5輛の山車でも最大級の大きさを誇ります。

東組は氏神(神前神社)を組域に持ついわゆる宮本の組で、応仁・文明の頃当時の寺浦(現在の寺山)に来着した落武者により、「荷車様のものに笹竹を立て巴の御紋章を附し」町内を曳き廻したのが宮本車の元祖であり、潮干祭の起源だとされています。

前棚で三人遣いの「三番叟」と上山では「湯取り神事」のからくり人形を奉納します。
また、榊を車神とし梵天を用いないなど、他の4車と異なる部分が多く宮本(の)車として神社との深い繋がりを持つ山車です。

宮本車の自慢の一つに前山四本柱があり、堆朱の技法を用いた八代目早瀬長兵衛作の「昇龍降龍」の彫刻が施されています。

代表彫刻は元治2年(1865)瀬川治助重光作の壇箱『龍と虎』、脇障子「獅子の谷落とし」、前山蟇股「鵺退治」などがあり、大正11年(1922)には初代彫常(新美常次郎)作の蹴込「群亀舞」が制作されました。

先代の宮本車は、元治元年(1864)に衣浦湾をはさんだ対岸の碧南市鶴ヶ崎へ譲渡され、現在も秋の祭礼(山神社)に「玉車」の名称で曳き廻されています。
この先代車は文政5年(1822)の建造で、随所に塗りが施された古い形式を残した山車で、堆朱の柱などを早瀬長兵衛吉政(六代目彫長)が制作しています。

■建造
元治2年(1864)
■主な彫刻
壇箱:「龍に虎」(瀬川治助重光)
 
脇障子:「獅子の谷落とし」(瀬川治助重光)
 
蹴込み:「亀群舞」(初代彫常)
 
前山蛙股:「鵺退治」(瀬川治助重光)
■山車幕
大幕:猩々緋に宝珠の金刺繍  
 
水引幕:白地に七五三縄の金刺繍
 
追幕: 猩々緋に七曜星の金刺繍
■からくり
前棚:三番叟(日下浄雲)
 
上山人形:湯取神事(荒川宗太郎)

■宮本車の詳細

■堆朱の前棚四本柱

堆朱の前山四本柱

四本柱は堆朱の技法で名古屋の彫刻師早瀬長兵衛によって「昇竜降龍」の線彫りが施されています。

堆朱

漆を何度も塗り重ねて層を作り、厚みが出来た漆に彫刻を施したもの。表面を朱漆で仕上げたものを堆朱、黒で仕上げたのは堆黒という。

早瀬長兵衛(彫長)

「尾張藩御用彫刻師」としての格式を持つ彫刻師で、特に六代目の早瀬長兵衛吉政は「御彫物師」の名乗りを許される程の名人として知られた。

碧南に渡った宮本車の旧車の前山四本柱が吉政(六代目彫長)の作品で、西組の旧車である北粕谷の山車にも吉政の作品が多く見られる。

現宮本車の四本柱は八代目彫長(木龍堂元兵衛)の作で、亀崎では他にも石橋組青龍車の台輪木鼻の獏(ばく)などの作品が残っている。
八代目の弟子に伊藤則光(=伊藤松次郎(彫松))や新美常次郎(彫常)らがいる。

■宮本車の曳き廻し

初の日~海浜曳き下ろし

14-05-03


初の日~海浜曳き下ろし

17-05-03


後の日~海浜曳き下ろし

17-05-04


初の日~海浜曳き下ろし

17-05-03


初の日~海浜曳き下ろし

17-05-03


初の日~曳き上げ坂

19-05-03


初の日~曳き上げ開始

18-05-03撮影


初の日~中町

17-05-03


初の日~旧本町

18-05-03


初の日~尾張三社曳き込み

旧本町を経由し尾張三社に到着
15-05-03撮影


初の日~尾張三社曳き出し

夕刻になって追幕と吹き貫を外しサヤに戻ります
17-05-03


後の日~尾張三社曳き出し

15-05-05撮影

  この年は5/4が雨のため1日順延

後の日~尾張三社曳き出し

19-05-04撮影


後の日~県社曳き廻し

19-05-04


後の日~県社曳き廻し

15-05-05撮影


↑ページの先頭へ