10-02-10更新

半田市乙川祭り〜浅井山「宮本車」

常に行列の先頭を行く山車で、神社では三番叟が奉納されます.

現在の山車は安政6年(1859)に建造され(大改修?)、明治15年(1882)には上山と堂山を作り替えました.
さらに大正10年(1921)には三千円をかけて改修.この改修では前山は立川彫刻を残して総作り替えされ、台輪と水引幕もこのときに新調されました.
また、戦後になって昭和22年(1947)から江原芳兵衛、新美常治郎によって大改修が行われ、昭和25年に完成し現在の宮本車となりました..

このように元々は漆塗り彩色仕上げだった宮本車ですが、山車は大正10年の改修で前山が白木になり、昭和22年の改修で全部白木の山車に変貌しました.

宮本車の代表彫刻は檀箱「竹林の七賢人」で立川和四郎富重作の傑作と言われます.
また、この乙川浅井山の住人岸幕角三郎(立川角三郎)は和四郎より立川流の彫刻を学び立川姓を許された門人であり、この宮本車の彫刻の多くを手がけています.

平成10年(1998)には地元の山田利圀氏によって、上山に乱杭渡りのからくり人形が新調されました.
平成15年大幕新調.平成19年水引幕修復.

山車彫刻1

山車彫刻2

からくり人形

水引幕
「雲龍の刺繍」

下絵 鬼頭道周
平成19年東京女子美術大学刺繍研究室にて修復

※鬼頭道周
1874〜1943
名古屋日出町に生まれ父は画家の鬼頭道恭.
日比野白圭に学び、更に上京して橋本雅邦に師事.後に帰郷.

 
 
 

八幡社参道

八幡社参道

平成21年坂上げ

平成15年坂上げ

平成17年坂上げ

平成19年坂上げ

平成20年坂上げ

平成20年坂上げ

平成18年坂上げ

平成21年坂上げ
 
一番梶を胴上げ
平成22年坂下ろし

平成21年坂下ろし

若宮社

若宮社

若宮社から曳き出す

第6回はんだ山車まつり

第6回はんだ山車まつり