東海の山車祭り

第4章 消えた山車祭り(4/6)

[目次へ]
若宮祭
36 若宮祭礼図絵巻
 若宮大通の名前の元となった若宮八幡宮は、かつて今の名古屋城内にあたる位置にあったが、城ができた際に現在地(白川公園の東側)に移され名古屋の総鎮守とされた。若宮祭では延宝元年(1673)に黒船車を出したのを初めとし、寛保元年(1741)までに7輌の山車が作られた。若宮祭は東照宮と並ぶ名古屋を代表する祭りだった。しかし、明治に入ると、7輌のうち西王母車(後に戦災で焼失)が離脱し、布袋車(建造)は明治24年に有松へ売却された。さらに戦災で黒船車等3輌を失い、戦後、河水車が東区出来町に売却された結果、現在残るのは福禄寿車1輌になった。明治初年の7輌は次のものである。

・黒船車 末広町
・寿老人車 中須賀町
・西王母車 上玉屋町
・布袋車 下玉屋町 (緑区有松町に現存)
・福禄寿車 大久保見町 (現存)
・河水車 住吉町 (東区新出来町に現存)
・陵王車 門前町

 前述した通り、これらのうち、若宮祭に残っているのは福禄寿車(写真37)だけだが、他に緑区有松町に布袋車(写真38)が、東区新出来町に河水車がある。また、岐阜県美濃市には黒船車の先代の山車(写真39)が残り、東区新出来町の鹿子神車は河水車の先代の山車(当時は山車名を産宮参と呼んだ)を譲り受けたものと言われている。
37 「福禄寿車」
38 現・有松東町「布袋車」
39 現・美濃市相生町「舟山車」
[次へ]