尾張の山車まつりへ [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]−[石橋組・青龍車]

亀崎潮干祭〜石橋組・青龍車   

現在の石橋青龍車は明治24年(1891)宮大工・江原新助を棟梁に迎え建造されました.
この青龍車が建造された明治20年代は江戸時代から近代への過渡期であり,文化的にも西洋美術が台頭してきた時期です.
青龍車はそんな新しいものを取り入れようとする世の中の流れ,元来の伝統を守る部分が混在した過渡期の山車といえます.これは帝室技芸員の武内久一(現在の人間国宝に匹敵)に檀箱彫刻を依頼したり,七宝の前棚四本柱などに窺うことが出来ます.
一際目を引く豪華な金糸龍の大幕は珍しい紺羅紗地で,前棚に輝く七宝焼の4本柱とともに青龍車の特徴ともなっています.
青龍車の山車彫刻1
青龍車の山車幕
青龍車の山車彫刻2
青龍車のからくり人形

青龍車の旧車
石橋組には元禄年間には既に山車蔵があり,山車も幾度か造り替えられたと推定されます.現存する石橋組最古の山車として,碧南市新須磨の蔵に眠っている山車があります.宝暦6年(1756)に造られ,檀箱には青龍の彫刻が施された極彩色の山車ですが,残念ながら残骸に近い状態で曳くことは出来ないようです.
その後,文化13年(1815)に建造された山車は現車が建造された後,下半田南組に譲渡されたといわれ,その後協和・砂子組を経て現在武豊町市原組にて現存し今も祭礼に曳かれています.当初は極彩色だったようですが,現在では一般的な白木彫刻に改造されており,僅かに堂山部に残る彩色が当時の名残なのかもしれません.


Copyright(c) 1998-2003 nova OwarinoDashimatsuri All right reserved
尾張の山車まつりへ 先ほどのページに戻ります [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]−[石橋組・青龍車]