尾張の山車まつりへ [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]−[田中組・神楽車]

亀崎潮干祭〜田中組・神楽車   

田中組神楽車は天保8年(1837)岸幕善兵衛を棟梁として建造された.当時の爛熟した文化の粋を極めて造られています.檀箱は立川常蔵昌敬の最高傑作の一つといわれ,蟇仙人・鉄拐仙人の柔和な表情と檀箱の中の精緻な彫刻が一際目を引きます.
この神楽車の上山からくりの「傀儡師」は「生きた化石」といわれるほど貴重なもので,東京国立劇場や海外でも演じられ賞賛を浴びています.
元禄〜享保年間(1688-1736)に建造されたと推定される旧車は,天明8年(1788)に大浜(現碧南市大浜)に譲渡されました.現在もほとんど当時のままの姿をとどめた貴重な山車で現在も祭礼に曳かれています.
平成より山車彫刻とからくり人形の修復が行われ、特に彫刻は●年尾張三社にて神楽車が転倒した際に行われた修理や、その後の傷みの激しかった部分の大修復が行われました.(山口県小郡・有馬白匠要治)
神楽車の山車彫刻1
神楽車の山車彫刻2
神楽車の山車幕
神楽車のからくり人形


Copyright(c) 1998-2003 nova OwarinoDashimatsuri All right reserved
尾張の山車まつりへ 先ほどのページに戻ります [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]−[田中組・神楽車]