尾張の山車まつりへ [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]
04-05-01更新
勇壮な潮干祭にからくり人形が華麗に舞う
 乙川に始まった半田の春祭りもトリをつとめるこの潮干祭でいよいよ大詰めを迎えます.
 この祭りは5月3日・4日に行われる神前神社に奉納される祭礼です.
 この祭りのハイライトは「潮干祭」の名がしめすように,海浜への山車の曳き下ろしです.
 昭和34年の伊勢湾台風後に,防潮堤が作られて以来長らく海への曳き下ろしが途絶えていました.それを祭りへの情熱で防波堤を切り取り,砂浜を造り見事に復活させたのです.この神社前の砂浜に曳き下ろされる山車の勇壮さに、感動すること請け合いです.
また,曳き出される5台の山車には、それぞれ工芸文化の粋を集めて作られた彫刻・大幕・水引・追幕・からくり人形があり,まさに一見の価値ありです.
愛知県有形民俗文化財指定

 祭礼日: 5月3日(前の日)・4日(後の日) 雨天順延
見 所: 海浜引き下ろし(両日)
県社前曳き廻し(後の日)等
詳細情報はmambo氏の酒と泪と男と潮干祭をご覧下さい.

山車の紹介
東組「宮本車」 石橋組「青龍車」 中切組「力神車」 田中組「神楽車」 西組「花王車」
彫刻1 彫刻1 彫刻1 彫刻1 彫刻1
彫刻2 彫刻2 彫刻2 彫刻2 彫刻2
山車幕 山車幕 山車幕 山車幕 山車幕
からくり人形 からくり人形 からくり人形 からくり人形 からくり人形

潮干祭写真館
平成15年前の日
平成15年後の日


平成14年以前
(工事中)

亀崎の古車
亀崎の山車は,豪華さを競い,何度となく造り替えが行われてきました.そのため古くなった旧車は譲られていき,今でも各地に現存し祭礼に曳かれている山車があります.
東組・宮本車 碧南市・鶴ヶ崎
石橋組・青龍車 碧南市・新須磨(未復活)
田中組・神楽車 碧南市・大浜
西組・花王車 知多市・北粕谷


神前神社

尾張三社

参考資料:半田市誌・亀崎町史・「青龍車と車元の1年」
      「潮干祭」亀崎潮干祭代参会発行・他
Copyright(c) 1998-2003 nova OwarinoDashimatsuri All right reserved
尾張の山車まつりへ 先ほどのページに戻ります [知多の山車館]−[亀崎潮干祭]