尾張の山車まつりへ [知多の山車館]−[成岩3.4区]−[神車]

成岩3・4区〜西組・神車   

神車は大正14年に創建され,昭和23年(1948)には檀箱の彫刻など一部を残し,山車全体が造り替えられた.
また,昭和56年には大幕に「風神雷神図」が刺繍されましたが,これは京都の建仁寺に所蔵される俵屋宗達の筆になるもので,建仁寺の許可により刺繍されております.
山車彫刻詳細1
山車彫刻詳細1

水引幕
「白灰羅紗地に波上に龍の刺繍」
追幕
「緋羅紗地に唐獅子に牡丹の金銀刺繍」
大幕 「緋羅紗地に風神と雷神を金・白金刺繍」

妻台輪にある昭和23年造り替え時の墨書
棟梁 岡戸一郎,彫刻 彫常

Copyright(c) 1998-2003 nova OwarinoDashimatsuri All right reserved
尾張の山車まつりへ 先ほどのページに戻ります [知多の山車館]−[知多の山車館]−[成岩3.4区]−[神車]